感想

感想

幻の四重奏(角川書店)

女子高校生が活躍する赤川次郎の得意の作品です。やっぱり青春サスペンス・ミステリーって良いですよね。女子高生の四重奏のメンバの1人が亡くなった。遺書があったので、警察は自殺として処理してしまう。しかし、自殺した日に、実は駆け落ちをすることになっていたと知った四重奏の他の3人のメンバーが、この謎を解き明かすために立ち上がったのだ。
感想

招かれた女(角川書店)

これって赤川次郎じゃない。なんじゃこの結末は!いつもは、赤川次郎の作品を読み終わると、ほっとして、良かった・良かった・・・になるのですが、気分悪い、って言っても仕方ないか、こういう作品も書いていたのですね。
感想

盗みは人のためならず(徳間書店)

泥棒の夫と刑事の妻が繰り出す物語の第一弾。最近、新たにヴィーナス像が発見され、美術館に展示されることになった。夫の淳一が、ヴィーナス像を破壊するとの脅しで、金をふんだくろうとするため、爆弾を仕掛に美術館に忍び込もうとすると、別な犯人に先を超されてしまい失敗する。
感想

血とバラ(角川書店)

「忘れじの面影」は、題名通りの内容で、子供のころの初恋の人を一生思っていて、最期にあんなやり方ですが、自分の手に入れるとは? 思いなのか、執念なのか、とにかくすごい話だ。私もたまに初恋の人が、今どうしているのかなーって、思うことはあるのですが・・・。
感想

幽霊から愛をこめて(集英社)

学園で起きる殺人事件で、赤川次郎得意の女子高校生探偵が、事件を解決していく内容です。警視庁捜査一課の警部のおとうさんが、女子高生の娘の手を借りて事件を解決してきてましたが、これ以上危険な目に会わせられないと、田舎の全寮制学園に押し込めたのですが、お約束通りそこで事件が発生します。
感想

三毛猫ホームズの怪談(角川書店)

三毛猫ホームズシリーズの第三弾。晴美が、いよいよ石津刑事と結婚か?って言う話です。なんと石津刑事が、広大な緑の中の近代都市たるニュータウンの団地に引っ越した。どうもこの団地は、新婚の夫婦が多く住んでいるらしい。
感想

死者は空中を歩く(徳間書店)

少し感動しましたこの作品。最後に悪党がみんなの罪を背負って、一人悪役になるなんて。お陰様で、多少犠牲者は出ましたが、そこそこハッピーエンドになりました。しかし、裸一貫から大金持ちになるためには、悪いことしないとダメなんですかね、みんなそうなのかな?
感想

幽霊候補生(文藝春秋)

幽霊候補生は、宇野警部の恋人の夕子が、幽霊になるという話しで、幽霊シリーズそのものなのである。まあ、幽霊シリーズなんで、幽霊を時々出さなければ、なんでしょう。夕子が、車ごと湖に落ちて死んだ。その後、事件捜査でたまたま見たアルバムの写真に、夕子の幽霊が映っていたのだ。
感想

三毛猫ホームズの追跡(角川書店)

三毛猫ホームズシリーズの第二弾。晴美が、いよいよ始動開始です。晴美の周りで事件が次々発生し、晴美までが、あんな目や、こんな目に会うなんて。さらに石津刑事が、いよいよ登場です。三毛猫ホームズシリーズらしくなってきました。
感想

セーラー服と機関銃(角川書店)

映画にもなった、あの有名な「セーラー服と機関銃」です。映画は、多分見ていませんが、最後のダダダダのシーンだけは何かで見ています。派手にやっているなー、位の感想で、ここまでやらないとだめなのかなーって思ってました。